こんばんは!
 もう少しで1日が終わろうとする 23時20分ですが…。

 こんな時間に、息子とすき家の牛丼を食べてしまった私です。

 もちろん、夕食です。

 午後診の後、クリニックに残ってなんとなく色々としていたわけですが。

夜の誰もいないクリニックというのは、仕事は捗らないけど、ぼーっとした考え事には向いている環境で、久しぶりについつい時間を過ごしてしまいました。

 (もうこれで冷蔵庫と寝るところがあれば帰らないかも、家に。)

 人に物を伝えるとき、言葉を使うわけですが。

 中々文章でも話し言葉でも、うまく伝えることって難しくて。

 思ってるように伝えられているかというと、違う意味に取られていることもあるだろうし、何も言わなくても伝わること、伝わってくることもあったりして、つくづくコミュニケーションとは難しいと思います。

 LINEはチャットの乱打をしているうちに、相手がいるにもかかわらず相手の存在が薄れ、つい!気遣いに欠ける言葉を打ってしまうってことをしてしまう時があります。

 それよりはメールの方が自分の書いた文章の推敲ができて、まだ配慮ある文章を届けることができるのかもしれません。何かの本で、「手紙やメールは相手へのギフト、と思って書くと良い」とありましたが、その通りかも、と思います。

(私の場合は、メール書いて、即座にパン!っと送信ボタンを押してしまい、ああああっ!このタイミングでこの文章でなんで速攻送ってんだよ、私!ってことが往々にしてあります。後悔先立たず。)

 会って話するときは、これはまた表情も動作も感情も全て込みでコミュニケーションするわけですから、良いコミュニケーションを取ろうとしたら、やはりそれなりにコンディション、テンションを整えておく方が上手くいくかな、と思います。外来などで良い空気感を患者さまに届けたいときは、尚のこと心がけておきたいことです。

 

 良い気持ちのコンディションに戻したいと思ったときは、一旦自分をゼロにする感覚といいますか、好きな曲や歌を聴きながら、とにかく何も考えない。揺れてた感情が落ち着いてきたら、自分の好きなもの、大事なもの、愛しているものを数えて思い出して、それが自分の回りにあることを感謝して。支えられていることを思い出して。そうしてる間に、自分の中にも愛情とか優しい気持ちが戻ってきて、また周囲に何か伝えたい、私も与えたいな。そういう気持ちが戻って来れば、終了です。

  でも、良いコミュニケーションであったり、何かを上手く伝えたいときは、大事なのはベースに相手への思いやり、気遣い、優しさを持つことかも。と思います。

 って、夜中に牛丼食べたせいか、結構自分語りをしてしまいました。

 さ、調子も戻ってきたし、片付けして寝よっかな。

 最後までお読みくださった方々、お付き合いありがとうございます。