昨年の11月1日、「木戸 みみ・はな・のど クリニック」は始動しました。

 今日で丸一年です。

 

 昨年5月の連休明けに、この場所でのお話が入ってきました。他の場所のお話もありましたが、ちょうど5月末の誕生日の頃に中を見せていただきました。

とても明るくて、一目で好きになりました。

お話をお断りする理由がどこにも見つかりませんでした。

場所を紹介してくださった方の、「ここみたいに、自宅に近いところで仕事できるって、もう二度とないかもしれませんね。」という言葉に、ドン!と背中を押され、清水の舞台から飛び降りる気持ちで「やってみよう。」と決めました。

 一旦、「やります。」と言ったら、そこからは怒涛のごとくでした。

 7月の初めに大家さんとお会いして同意を得、テナントを契約して、それと同時進行でテナントのリフォームの計画が進み、そういう打ち合わせの間に、よくわからないうちに開院日が11月1日大安の日と決定しました。

img_4727

 そしてテナントのリフォームの計画と工事がどんどん進んで行く中で、お金の借り入れの話、スタッフさんの募集の話、器械選定(大きなものから小さなものまで)、それをほとんど夏の間こなさなくてはいけないという、素人の私にとっては恐ろしく早いペースで進んで行きました。多方面のことを、一人で考えて決めていかなければならず、お盆が終わった頃に一度体力的にヘタって、めまいと吐き気で寝込んでしまった時がありました。

 9月に入ったらスタッフさん募集と選考、そして雇用です。9月末にリフォームが終わって引渡しが終わると、器械搬入や電子カルテ導入にほぼ1週間ぐらいかかりました。

 そして、10月からはスタッフさんのオリエンテーションです。

 オリエンテーションの合間に細々したものを買いに行ったり、問診票を作ったり、自分用に電子カルテの中身を構築したり。自分の机がなかったから、ダンボール箱の上にノートパソコンを置いて仕事をしていました。

img_4847

 でもなんやかんやこの時期は大変でしたけど、楽しくもありました。

 ずっと自分の頭の中で描いてたことが現実に形になる、そこでこれから仕事ができるんだ、って、とてもワクワクしていました。

 いろんな職種の方のプロ意識を目の当たりにして、大変勉強させていただきました。これは、医療という世界で井の中の蛙になりがちな私には、とても新鮮でした。

 1年経って。。

 今思うことは。

 3、4年前からこのクリニックが出来るまで私をサポートしてくださった方。

 また昨年創り上げるに際し、関わってくださった各方面の皆様。

 いろんなアドバイスを快くくださった先輩・後輩・同級生の先生方、勤め先の先生方、そしてそこのスタッフの方々。

 お力を貸してくださって、本当にありがとうございます。

 皆様のお力添えがあって初めて、自分でなんとか進み始めることができました。

 心より御礼申しあげます。

 そして。1年間一緒に頑張ってくれたスタッフの皆さん。

 私はあまり皆に細かく教えたりしてこなかったのに、いつのまにかいろんなことを自分たちで考えて率先してやってくれるようになってました。そこは本当にすごい!ありがとう。「神セブン(→今は神エイト!😆お1人10月から増えました)」 と、私が勝手に心の中で呼んでいる、自慢の面々です。

 本当に、いつもありがとう。これからも一緒に進んでいきたいです。

 どうぞよろしくお願いします。

 そして。

 まだ生まれたてのクリニックに来てくださった患者様の方々。

 ご体調悪い時に当クリニックを選んでくださってありがとうございました。

 これからも皆様に応えられるよう、精進してまいりたいと思います。

 

 今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

img_4891