896a6f9874053c6b8952428eb6759517_s

おはようございます。

新しい週が始まりました。あいにく今日は雨模様らしいですね。

この週末はいかがお過ごしでしょうか?

先々週ぐらいから、花粉症の患者様が大変増えてまいりました。

その中で、診察中によくあるご質問が、

「鼻水が出て、鼻が詰まって、咳が出ます。喉もおかしいです。花粉症でしょうか?風邪でしょうか?」

花粉症と風邪の症状の違いですね。

花粉症の様々な症状は、アレルゲンとなる花粉が鼻粘膜や目の粘膜、喉の粘膜にくっついたとき、体が「これは異物だ!排除しよう!」とする反応です。だから、くしゃみ、鼻水、涙、など体から追い出す反応が始まります。

ですから、目がずっとかゆい、サラサラの鼻水がずっと続く、鼻が詰まる、熱はない、といった感じなら花粉症の可能性が高いと思われます。

それに対して、風邪はウイルスによる上気道(鼻や喉)の感染症です。ウイルスが上気道に感染することによって粘膜が腫れ、鼻汁、鼻閉、咽頭痛、咳、痰などの症状が出ます。

例えば、鼻水が粘稠でだんだん黄色くなる、くしゃみは出るけど連続しない、咳や痰(白っぽい、もしくは黄色い)が出る、寒気や関節痛がする、目はかゆくない、熱が出る、などであれば、風邪の可能性が高いです。

もちろん、花粉症を発症している時に、風邪を引いてしまうことはあります。

また花粉症の症状として、喉の違和感、腫れた感じが出ることはあります。

そして、今は国民のほぼ1/4が花粉症の時代ということですが、言い換えれば3/4の方は違うということです。

今まで無かったのに、今年初めて花粉症になったのか?

毎年この季節になると、花粉症のように鼻水が出るけど、一度も調べたことがない。

自分がどんなアレルゲンを持っているか、それとも持っていないのかを知っておくことは、自分の体に関する大切な情報を得ることです。

「◯◯◯かもしれない・・・。」といつまでも曖昧なグレーのままにしておくよりも、思い切ってはっきりさせたほうが、それに対して対策を立てやすい、次のステップに行きやすい、ということでもあります。

(これは花粉症かどうか、ということ以外にも人生にも当てはまりますね・・。)

花粉症かどうか、ということを調べる検査は、当院では血液検査で行っています。いつでも可能です。

ご希望の方、お悩みの方は、どうぞご相談ください。